【SCP】SCP-002 – The "Living" Room ("生きている"居間)描いてみた

 

SCP-002 生きている”居間

どうも、マスカットです

今回はSCP描いてみたシリーズ2回目です

前回は  SCP-001分類待ち[遮断済み]でした

【SCP】SCP-001分類待ち[遮断済み]を描いてみた!全長320mってでかすぎだろ…. – ますカット‼︎

ということで今回はSCP-002The “Living” Room (“生きている”居間)

を描きました

 

SCP-002The “Living” Room

 

Item #: SCP-002

 

Object Class: Euclid

 

取扱方:
SCP-002は、SCP-002が活動準備状態を保つように、常に最適な電源設備に繋がれています。停電の際には、非常隔壁が対象と施設の間に張られ、隣接施設は退避区域になります。施設の電源から復帰すれば、SCP-002を再び活動準備状態にするためのすべての電源設備が接続されるまで、代わりに高出力のX線及び紫外線がSCP-002の収容区画にストロボ照射されます。収容区画は常に減圧されています。

 

最小2名の職員がSCP-002の20m以内の範囲またはSCP-002の収容区間にいる必要があります。全職員は、他の職員の知覚が鈍くなったり、歪められたり、その他SCP-002に近づくことによる影響などを受けていないか確認するために常に互いに物理的接触を保つべきです。

 

レベル2以下の職員がSCP-002に接触することは許可されていません。この条件は、2名のO5レベルの現場外管理者の許可状によって撤回されることもあります。こうした権利放棄を行った指揮スタッフは、接触期間の間、少なくとも5名のレベル3セキュリティー職員に伴わなければなりません。その間、一時的にランク及びセキュリティクリアランスは剥奪されます。接触に続いて、職員は隔離および心理鑑定のため72時間SCP-002から少なくとも5km圏外へ護送されるでしょう。もし職員としての職務を果たせ、復帰できるようなら、隔離満了時にランク及びセキュリティクリアランスが返還されます

 Object ClassがEuclidということはそれなりに危険ということですね

ただ、このSCPの取り扱い方を見るだけではどのようなSCPなのかも検討もつきませんんね。

 

概要

  • 肉の腫瘍に似ている
  • 体積は約60m
  • 内部に繋がるバルブハッチが取り付けてあり、内部はあまり広くない安価な
    マンションに見える。壁には窓がひとつ取り付けてあるが外部からは見えない
  • 室内には家具があり、その家具は人体によって生成されたようである
  • 生きている人間を家具にする

この概要とイメージ図からSCP-002 – The “Living” Room (“生きている”居間)

のイラストを描いてみました

f:id:care495:20150831205507j:plain

ぼくのイメージではこのようなSCPのイメージになりました。
人間を家具にするとは、なかなかに恐ろしいSCPですね
ただ、中に入らない限り安全なSCPですが、ミュールハウゼンの報告によれば
SCP-002は内部に不可解に引き寄せる力を持っているようです
個人的にはKeterでも通用する恐ろしさです..SCP-001にはまけますが

 

はい、今回は【SCP】SCP-002 – The “Living” Room (“生きている”居間)でした

では、またー

 

 

 

care495.hatenadiary.jp

 

 

care495.hatenadiary.jp