【SCP】SCP-004 – The 12 Rusty Keys and the Door (12の錆びた鍵と扉)描いてみた

SCP-004 12の錆びた鍵と扉

どうも、マスカットです

今回で4回目のSCP描いてみたシリーズとなりました

前回はSCP-003(有機的マザーボード)を描きましたね

【SCP】SCP-003 – Biological Motherboard (有機的マザーボード)描いてみた!! – ますカット‼︎

周囲の無機物を取り込み成長するSCPでした

 

ではでは、本題に入っていきましょう

今回はSCP-004についてです

 

SCP-004 – The 12 Rusty Keys and the Door (12の錆びた鍵と扉)

 

Item #: SCP-004

 

Object Class: Euclid

 

取扱方:
SCP-004-2からSCP-004-13を扱う際は、適切な手順が不可欠です。各物品は レベル4セキュリティ担当者2人の承認がない限り持ち出すことを許可しません。SCP-004-1にSCP-004の他の構成物を通過させることがあってはなりません。そうした場合の効果は不明だが、これまでの実験の代償からさらなる研究は現実的ではありません。なんであれSCP-004-1に含まれる物体が封じ込め違反を起こしたり、施設を突破することがあれば、 鍵を扉の内部に運び入れ扉を閉じ、サイト62 に設置された核弾頭を起爆します。権限を得ず試験区画から鍵を持ち出すことは即時解雇の理由になります。

 

SCP-004-1 への通常の接触にはレベル1クリアランスが要求され、SCP-004-2 から SCP-004-13 の使用にはレベル4クリアランスが要求されます。

取り扱い方からこのSCPを推測するにSCP-004は複数存在する「物体」のようです

なにやら「鍵」が重要のみたいですね..核弾頭とか物騒だな

このSCPの名前からイメージすれば、12の錆た鍵と扉みたいです

 

 

SCP-004概要

  • 扉と鍵のSCPで鍵の種類は12種類
  • 扉を鍵で開けて入ったものは人類の住む次元とは違う次元に行ける
  • 扉の中で敵対者に遭遇した場合は体を引き裂かれる
  • 敵対者は大柄な緑色をした大型の生物

これらの概要とイメージ図からSCP-004を描いてみました

 

f:id:care495:20150903023436j:plain

SCP-004の概要を読んでいる最初のうちはどこでもドア的な感じのドアを

想像していたんですけど、概要の記録が進んでいくうちに扉の中には恐ろしい何かの存在が確認された記録が出てきたので自分のイメージではこんな感じのSCPのイラスト

となりました。

SCP004には箱型のものもあるようですね。個人的にはこのSCPはsafeでもいい気がするのですが、確かに中にいる緑色の化物は恐ろしいです

 

はい、今回はSCP-004 – The 12 Rusty Keys and the Door

(12の錆びた鍵と扉)描いてみたでした

では、またー

 

www.care495.com

 

www.care495.com