【SCP】SCP-018 – Super Ball (スーパーボール)描いてみた

 SCP-018 – Super Ball (スーパーボール)

どうも、影には取り込まれたくないマスカットです

【SCP】SCP-017 – Shadow Person (影人間)描いてみた – ますカット‼︎

前回はSCP-017 – Shadow Person (影人間)でした

簡単に説明すると近づいたものを影で取り込むSCPです

ではでは、今回のSCPに入っていきます

 

SCP-018 – Super Ball (スーパーボール)

 

Item #: SCP-018

 

Object Class: Euclid

 

取扱方:
SCP-018は特殊金属製拘束具に収容し、それを重合成繊維製の詰め物で裏打ちした1m×1m×1m寸の箱にいれて封をしてください。箱に封をしたら10m×10m×10m寸のポリエチレン製貯蔵タンクの中央に沈めてください。もしSCP-018が貯蔵箱から自由になったら、ポリエチレンベースの「ねばねば」がその運動力を十分に低減させるので、収容職員は適切に回収を行えます。SCP-018貯蔵室に入る職員は特殊被膜(SCP-018観測の中で発見されたものです)と酸素マスクをポリエチレンタンクに潜る前に着用してください。もしSCP-018がポリエチレンタンクの外に解き放たれた場合には、職員は別の部屋に退避し、収容チーム到着までの間SCP-018を隔離するために出入り口やハッチを閉じるよう勧告します。
随分と厳重な取り扱い方ですね。解き放たれた場合別の部屋に退避しなければヤバいそうなのでSCPの名前からして大体想像できそうです
 
 
SCP-018概要
  • 018の見た目は直径6cmで1969年Wham-O社製赤色のスーパーボールです
  • ある会社がそのスーパーボールの購入した倉庫の清掃を請け負った際に発見され、大変な高さまで弾むところが注意を引きました
  • 最初は愉快な子供向けのおもちゃと思われていましたが、018が弾む際の効率は200%以上だったのです。ボールは直ぐに危険な射出物へと変貌し、スピードはおよそ100km/hまでに達して建物に損害を与え、ある街の住人五名が負傷しました。数日後には湖畔で旧停止状態で回収

これらの概要と自分のイメージによりSCP-018を描いてみました

f:id:care495:20150920130404j:plain
これが018のイメージイラストです。
速度が100km/hになったのか…こどものおもちゃってレベルじゃねーぞ
質の悪い小型ソニックみたいなの想像してしまった
これ地下で堀進めるときに使うのはどうだろうかね
速度上がりすぎて地球のマントル突き破るんかな
 
SCP018まとめ
  • 200%反射する
  • リアルピンボール状態
  • 海とか湖に入ると停止

うむ、このSCPは結構危険だな。ただ、速度が上がりまくれば勝手に大気圏突破して

いなくなるかもしれない。誰がこんな恐ろしいおもちゃ作ったんだよ

作るときにて滑って自爆しなかったのはすごいな

反射神経テストにも使えるかもね、当たればアウト。おわり

 

はい、今回はSCP-018 – Super Ball (スーパーボール)でした

では、またー

 

www.care495.com

 

www.care495.com