【SCP】SCP-021 – Skin Wyrm (皮龍)描いてみた

 SCP-021 – Skin Wyrm (皮龍)

どうも、知らない人に家に呼ばれても警戒したいマスカットです

【SCP】SCP-020 – Unseen Mold (見えない黴)描いてみた – ますカット‼︎

前回はSCP-020 – Unseen Mold (見えない黴)でした

簡単に説明すると不可視のカビのSCPです

ではでは、今回のSCPに入っていきます

 

Item #: SCP-021
Object Class: Safe
取扱方:SCP-021は人間の皮膚に寄生する偏寄生虫です。(訳注:宿主として生きた細胞がなければ生育できない寄生生物の事)
従って保管方法は、成人男性一人を保管するのと変わりません。殆どどの収容室でも十分に事足ります。対象は現在留置場217-Aの被験者D-139に収容されています。SCP-021のホストにはクラスDの職員が適任です。被験者がSCP-021のホストとして生存している限り、彼は通常行われるクラスD職員の月ごとの解雇から免除されます。
今回のSCPは寄生虫のSCPみたいですね。オブジェクトクラスから推測するに危害はなさそうなSCPですが、どんなSCPなのでしょうかね
 
SCP-021概要
  • 021は大規模かつ精巧な龍の刺青の姿をとり、約0.8m四方の皮膚を覆う
  • 021はそのホストの範疇内であれば動くことが可能であり通常の動物のような挙動を行います。移動時には刺青の削除時の痛みを引き起こす
  • 021は基本的な食事と運動以上の知性を示さない
  • 021はホストの皮膚に存在する色素だけを食べ、ホストの皮膚上に刺青を彫ることによって021に餌をやることが可能
  • 身体的接触によりホスト間を転送可能
  • 021はホストに利点を与える。この刺青はアドレナリンの放出及び再摂取を促進し、乳酸の蓄積を減少させ、筋力を強化し、自信を増大させ、ストレスの多い状況下で痛覚に対する耐性の増強を提供し、従来の弱さと疲労による影響を減らすことが証明されています。また、タトゥーは宿主の免疫系に何らかの有益な効果を持っているようです。攻撃性傾向について、一般平均より高くなっています
  • 021は数百年以上生きており、保管年月は財団の歴史の中でも最長の一つである

これらの概要と自分のイメージによりSCP021を描いてみました

f:id:care495:20150923233108j:plain

これが自分の想像するSCP021のイメージイラストです

この刺青をもつホストは筋力が増大し、自信が着くようになるらしいので

SCP-021の着いたホストは強そうなイメージがわきました

ただ、このSCPの欠点はものすごい痛みがホストを襲うことなので

それを耐えられる屈強な戦士が使いこなせるSCPなのかな?

 

SCP-021まとめ

  • 龍の形の刺青のSCP
  • 動くとものすごく痛い
  • このSCPが憑いている人間は強化される
  • 超長生きしている

今回のSCPは凶悪なSCPではなく、人間の体の上をうごくSCPでした
このSCPって移動できるのは人間と人間の間だけなのかな
021を動物に付けたりとか他のSCPにつけたりってできたら

どうなるんだろ…まぁただ、凶暴になるだけだろうけどね。おわり

 

はい、今回はSCP-021 – Skin Wyrm (皮龍)でした

では、またー

 

www.care495.com

 

www.care495.com