『カフェオレ』と『カフェラテ』の違いってなに?【豆知識】

『カフェオレ』と『カフェラテ』の違い

f:id:care495:20160215005937j:plain

さきほど、「カフェオレ」を飲みながらあることを考えていました。『今、飲んでいるのは「カフェオレ」だけど、「カフェラテ」との違いはなんだろうな』と。ブログに書くネタもないし今回は『カフェオレ』と『カフェラテ』の違いを学んでいきます。

 

目次

『カフェオレ』ってなに?

カフェ・オ・レフランス語: café au lait)は、フランスで好まれるコーヒーの飲み方。”café カフェ” はコーヒーのことであり、”au オ” は前置詞 “à” +男性型単数形定冠詞 “le” の縮約型であり、”lait レ” は牛乳のことである。

*1

 カフェオレとカフェラテはどちらもミルク入りのコーヒーという点では同じらしいです。では、なにが違うのでしょうかねぇ。とりあえず調べてきましたのでカフェオレの特徴をまとめていきます

  • コーヒーとミルクの割合が5:5
  • ドリップコーヒーと牛乳を足したもの
  • 普通のコーヒー豆が使われる
  • 酸味が多くて苦味の少ない豆を使う
  • マイルド風味

 


【超簡単】美味しいカフェオレの作り方‼︎

 

AGF ブレンディ スティックカフェオレ 100本

AGF ブレンディ スティックカフェオレ 100本

 

 

 

 

『カフェラテ』ってなんぞや?

 

カフェ・ラッテ(Caffè Latte)という語は、元来は「コーヒー・牛乳」という意味のイタリア語である。より発音に忠実に転写すれば「カッフェ・ラッテ」となる。イタリア語では、カッフェッラッテ(Caffellatte)と続けたり、カッフェ・エ・ラッテ(Caffè e Latte:「コーヒーと牛乳」)とも言う。イタリア・ヴェネツィアにある喫茶店カッフェ・フローリアンが発祥の地。

*2

カフェラテはイタリア発祥で「ラテ」という言葉はイタリア語のミルクという意味の「ラッテ」からとってきているようです。合わせてコーヒー牛乳ということになりますね。なんか調べていくうちに色々知識が増えていくなぁ…。雑学マスターになる日も近いのかもしれない。それはさておきカフェラテの方も特徴をまとめてみました。

  • コーヒーとミルクの割合が2:8
  • エスプレッソコーヒーと牛乳を足したもの
  • 『エスプレッソ・マシーン』で淹れる
  • 酸味が少なく苦味が多い豆を使う
  • コクのある味がするらしい


カフェラテの作り方!! come si fa il caffe’ latte in ViaQuadronno

AGF マキシムスティック カフェラテ 20本

 

 

 

まとめ

  • ミルクとコーヒー割合5:5がカフェオレ!!
  • ミルクとコーヒー割合2:8がカフェラテ!!
  • マイルドな味はカフェオレ!!
  • コクがあるのがカフェラテ!!

今回の記事は個人的には結構勉強になる内容でした。コーヒー関係はほとんど知らない事だらけなので勉強になりますね。これらとは別に『カプチーノ』もあるのですが、カプチーノはカフェラテのミルクとコーヒーの割合がまた、違うverみたいです。いや~奥が深すぎて1,2記事じゃ説明するのはむりですかね。専用のブログ作るぐらいじゃないと全部説明しきれないかも…。コーヒー好きなのでこういうの調べるのもめちゃめちゃ楽しいです^^

珈琲完全バイブル

珈琲完全バイブル

 

 

はい、今回は『カフェオレ』と『カフェラテ』の違いについてでした

では、また