白猫プロジェクトを始めて半年経ったので白猫の『闇』を語ってみる

白猫プロジェクトの魅力

目次

どうも、マスカットです

皆さん『白猫プロジェクト』というスマホゲームをご存知でしょうか?このブログでも度々ガチャで新キャラが出るたびに評価記事を書いているくらい自分自身がどハマリしているゲーム。2014年7月25日にサービス提供を開始し、今現在2016/03/21ではAppStoreでセールスランキング6位という凄まじい人気を誇っているゲームだ。

f:id:care495:20160321200324j:plain

(白猫プロジェクトを App Store で)より

多分、まだこの白猫プロジェクトを1度もプレイしたことがないという人は「このゲーム有名だけどどこがそんなに面白いの?」と思っている方もいるかも知れない。半年前に実際、自分も身内から勧められて渋々このゲームをプレイしてみたが、予想以上に面白いゲームだった。今回はそんな『白猫プロジェクト』の魅力について語っていこう。


【白猫プロジェクト】 WEB限定CM(浅井P 2016春ver)告白篇

豊富なイベントで飽きさせることがない

白猫=イベントの豊富なゲームが成り立つぐらいこのゲームのイベント量は他のソーシャルゲームとは比較にならないほど多い。イベントをクリアすると建物が入手できる。実際に白猫をプレイしている人ならわかると思うが、このゲームは本気でイベントを消化していかないと「いつのまにかイベント終了日になっていて限定建物がもらえなかった~!!」なんてことにもなってしまう。現在の自分もそうだ。

f:id:care495:20160321201612p:plain

 

これが現在の自分のタウンだが、半年前からこのゲームを始めて必死でイベントをこなして大体の建物はレベルMAXにすることができた。未プレイ者にこのタウンについて簡単に説明するとタウンは『自分のステータス』と思ったほうがいい。建造物1つ1つにキャラクターの能力値を強化する効果がついており、それをたてる事に自分自身が所持しているキャラクター、くえすとで操作するキャラクターが強化される。大体のプレイヤーの強さはこの『タウン』を見ればわかる。

自分は始めてまだ半年程度なのでタウンがぎっしり埋まっていないが、上級者プレイヤーの方々はタウンがギッシリを埋まっている。このタウンがどれほど、このゲームにおいて重要かは実際にキャラを操作してみればわかるだろう。ステータスは%で上昇するため立てればたてるだけ強くなる。ただ、この『建物』だが1個立てるのに最低でも1日程度、最大で2ヶ月、3ヶ月かかることもある。辛抱強く待とう。

あと、先程も述べたとおりこのゲームは『タウン』が中々重要となり建てるのに相当な時間を要するため強いキャラを出るまでゲームを初期化する行為『リセットマラソン(リセマラ)』することはオススメできない。ぶっこわれ性能を持つキャラがすぐに欲しいのはわかる!!だが、リセマラする時間があったら『タウン』を強化して行ったほうが結果的にリセマラ税よりもはるかに強くなれる。

強いキャラ(リセマラ)はおいといてまずは、始めてみよう!!

f:id:care495:20160321203241p:plain

このゲームでリセマラを勧められない理由はまだある。例えば「呪われた武器クエスト」クリアはリセマラ勢では厳しい点だ。この呪われたクエストというのは「白猫プロジェクト」でも難しいクエストで挑戦できるのは決められた職業のみである。リセマラすることをおすすめできない理由はここ、決められた職業のみの挑戦なのでその職業でもかなり強力なキャラを所持していないとこのクエストはクリアできない。

ましてやこのゲームのガチャはキャラクター入れ替え制なので過去の強力なキャラは二度と手に入らないようになっている。このクエストの報酬である呪われた武器の能力は初心者向きではないので初心者はこのクエストをクリアしなくてもいいだろう。

ただ、白猫の上級難易度のクエストのほとんどには挑戦できるキャラクターの職業やキャラタイプで制限がかけられており、数体しか✩5をもっていない初心者はまず、クリア不可能な仕様になっている。リセマラで強キャラを獲得しようと難易度の高いクエストでは使えない。

最初のガチャが✩3で残念な自分も現在ではアーモンドピーク、テトラ、ツキミ、アシュレイ、シャルロット等のキャラを獲得できた。要するにこのゲーム様々な種類のキャラを育成していないとクエストに挑戦すらできないのでリセマラしなくてもいいということです。

キャラクター・武器の闇

このゲームでは操作キャラクターは配布される場合もあるが『ガチャ』から入手するシステムだ。この『ガチャ』も2種類に分かれており「武器ガチャ」と「キャラガチャ」に分かれている。「武器ガチャ」はジュエル15個で1回、「キャラガチャ」はジュエル25個で1回引くことができる仕様となっている。白猫ではこのガチャを引くために必要な『ジュエル』というものは課金で入手することができ5個で120円で販売している。ジュエル1個24円…キャラガチャを1回引くために必要な数は25個でかかる費用は600円だ。そして、このキャラガチャだが、10回引いても最高レア度の✩4キャラがでないこともある。闇が深いガチャだが、他のソシャゲ(グラブる等)と比べて炎上することは少ない、それはなぜか?

上の項目で述べたとおりこのゲームでは定期的にイベントを開催している。そして、そのイベントをクリアすると大量をジュエルを入手することができるイベント島を全クリクリアするとジュエル500個以上入手できるのではないだろうか。500個=12000円分を毎回無料配布しているような感じだ。

イベントが多すぎてジュエルが腐るほど入手できるこのゲームだが、AppStoreでセールスランキング上位に君臨している。その原因はやはりキャラの入れ替わり制が原因だろう。

f:id:care495:20160321210750p:plain

今現在、ウォリアー強化記念でこの2体のキャラクターがキャラクターガチャに入っている。この2体は過去に登場した全てのキャラクターたちの中でもトップクラスに強力。このキャラクターを獲得できるのは03/30まで!!最強のキャラが入手できるけどその日までに獲得できなければもう一生獲得することはできない。そう、これがこのゲームがセールスランキングの上位に食い込んでいるからくりだ。

新規のプレイヤーならばこの2体のキャラがでるまで『リセマラ』してもこの2体を取ることが出来るが、以前からプレイしていて何ヶ月もかけて「タウン」を育ててきたプレイヤーはリセマラすることができない。だが、この追加された新キャラは過去に出てきたどのキャラよりも強い。また、このゲーム協力プレイが重要なコンテンツ。「弱いキャラでは協力することもできない…課金するしかない」となるわけだ。

  1. これだけジュエルあれば出るだろう
  2. 出なかった
  3. 登場期間最終日だ
  4. 課金しよう

参考程度に書かせてもらうと今回の2体お限定キャラは自分が50回以上ガチャを引いたが出ないほどの確率だ。1回引くのに600円かかるとして50回は3万円…。限定キャラを課金で手に入れようとするならそれなりの覚悟がひつようとなるだろう。

ここまでが『キャラガチャ』の闇だ。このゲームはキャラに装備させる武器までも『ガチャ』であてる仕様となっている。『武器』はこの白猫において超重要な要素だ。付けている武器でその操作するキャラクターの強さがかなり差が生じる。

武器ガチャは『キャラガチャ』よりも闇が深い。

f:id:care495:20160321213514p:plain

その理由としては✩3以下の救済処置が武器ガチャには無いからだ、キャラガチャではすでに持っているキャラが2度目以降引き当てると『ルーン』というものを獲得することができる。この『ルーン』と言われるアイテムは✩4キャラを2回目当てると『虹のスタールーン』、✩3は『虹のハイルーン』、✩2は『虹のルーン』というものを入手できる。使う用途としてはキャラクターを限界突破させ、ステータスを強化することができる。

f:id:care495:20160321214045p:plain

スターは1個、ハイは25個、おにぎりは50個で1回限界突破をすることが可能となる。最大4回まで限界突破することができる。1度も限界突破したことがないキャラと4凸したキャラだとかなり性能に差が出るため、ルーンが余っているのであればすぐに限界突破させよう。

で、武器ガチャの話に戻るが『キャラガチャ』には✩2から2回目以降当てると「ルーン」を獲得できるという救済処置があるのに対し『武器ガチャ』には✩4の救済処置はあるが、✩3以下を引き当ててもなにも使うことができない。出たら売るだけだ。✩3の武器と✩4武器の間には大きな性能の差があるので装備しないほうがいい。

ただ武器には、✩4武器4個を集めると自分が好きな✩4を選んで1つだけ交換するという救済処置がある。なんでもいいので✩4が4つ出るまでひたすら回せばお目当ての武器が手に入るのでこちらのほうが良心的かもしれないが、体感ではキャラガチャより武器ガチャのほうが✩4が出にくいと感じる。

そして、こちらもキャラガチャ同様、限定の武器が存在し期間が過ぎると二度と手に入らなくなる。限定キャラにはモチーフ武器と呼ばれるセットで揃えると強力な武器が存在する。その期間中に武器とキャラを2つ入手できなければ手に入れることができなくなる。ガチャは闇が深い…

 

協力バトルの闇


桜井日奈子 CM コロプラ 白猫プロジェクト 「冬の1日」篇

 

 この白猫のCMでも言っている『君がいるともっとたのしい』だが、このゲームほとんどのクエストで協力プレイが可能となっており「協力バトル」では最大4人で協力しいぇクエストに挑戦することができる。やはり協力プレイは身内で組むとワイワイ盛り上がりたのしい。この協力プレイを体験すればこのゲームが人気を得ている理由がよくわかる。1人でプレイするより断然たのしい。

そんな協力バトルだが、身内でワイワイ楽しむプレイと完全に知らない他人同士で協力する「ランダムマッチ」という募集方法がある。闇が深いのはこちらだ。このランダムマッチの何を指して闇が深いのかというと、明らかに上級難易度のクエストにレベルの低い初心者がパーティに参加できるのだ。どこがおかしいかよくわからない人に説明すると

全員レベル100でこれからラスボスに挑むというチームに1人レベル1が参加してきた

という感じだ。そして、このゲームにはパーティから追放(キック)機能がないので渋々そのさっき白猫始めましたよ的なキャラを連れて行くハメになりボロ負けする…。なんで、追放機能がついてないんだよ!!

『君がいるともっとたのしい』じゃねぇよ!!

『君がいたらクリア不可能だわ』!!

そして、そのレベル1は操作することなく他のメンバーがクエストクリアするまで放置ときた!!コロプラさん、追放昨日と仲間を攻撃できる機能つけてください

 

まとめ

  • イベント多いのは魅力的
  • ガチャは闇が深い
  • 新キャラが毎回強すぎる
  • 追放機能をつけて…

 この記事で最終的に何が言いたかったのかというとですね。パーティからの追放機能のこともそうですが、もうちょっと高難易度のクエストに挑むレベル制限か何かをかけたほうがいいのではないでしょうか?明らかにレベルに不相応なキャラが挑めるのはどうかと….そして、放置。放置ゲームか何かと勘違いしていますが違いますよ…

 

人を助けるとはどういうことか ― 本当の「協力関係」をつくる7つの原則

人を助けるとはどういうことか ― 本当の「協力関係」をつくる7つの原則

 

 はい、今回は白猫の『闇』についてでした

では、また