「おみやげ」という文字が『お土産』と書く理由

『お土産』と書く理由

目次

f:id:care495:20160323212841j:plain

素朴な疑問なのですが「おみやげ」という文字はなぜ、『お土産』と書くのでしょうか…自分が理系タイプのせいなのか言葉の由来にはほんとに疎いのでたまに言葉の由来を無性に気になってしまいます。じゃあ、今回は『お土産』という言葉の由来に迫っていきましょう

 

『土産』の由来

「土産」は元来、「どさん」または「とさん」と読む漢語で、「土地の産物(≒特産)」を意味する[2]。現代中国語でも同じ意味である。

「みやげ」の語源は諸説あり、

  • 宮笥(みやげ・みやこけ)と呼ばれた神社などの配り物
  • 「見上げる」の転[3]
  • 「土産物」の略[4]

などと言われる。

室町時代以降[2]、「土産」を「みやげ」と熟字訓で読むようになった。ただし、「どさん(とさん)」と読んだ場合も「みやげ」の意味で使われることはある[5]

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9C%9F%E7%94%A3

土産の由来は「土地の産物」から来ています。

『宮笥』説

『宮笥』と呼ばれる神社などの配り物だったという説は、昔「伊勢神宮」ににお参りにすることが難しく村の中で伊勢神宮参りに行く人がいる場合他の村人は選別を渡して自分の祈願を頼んだそうです。

そして、選別をもらった村人はその村人の分の『宮笥』を持って帰る。という由来ですね。で、時間が経つと伊勢神宮の周りは「ここに店を構えればうれるんじゃね?」ということでどんどん特選物を売り出す店が増えて行きました。そして、『宮笥』が「土産」へと変わり最終的には『土産』へとなった説です

 

史上初! おかげ横丁公式ガイドブック 『 伊勢神宮とおかげ横丁 』

史上初! おかげ横丁公式ガイドブック 『 伊勢神宮とおかげ横丁 』

 

 

『見上げる』説

昔、「みあげ」は元々『見上げ』という文字でしたこの『見上げ』の意味はよく見て選び人様に差し上げること。そして、この「見上げ」という言葉と『お宮参り』の『宮笥』から「みあげ」という言葉が誕生し室町時代末期以降「土産」という感じに当て字として使われた。

 

絵本江戸土産(1)

絵本江戸土産(1)

 

 

 

「土産物」の略説

その土地の産物の略説ですね。現代でも長い文字はすぐに略して言ったり書いたりするので昔の時代の人たちもめんどくせぇ!!と言って短くしたのではないでしょうか。ちなみにこの「土産」という漢字ですが、この感じを「どさん」と呼んでも土地の産物としての意味はあるので問題ありません。ただ、その場合土産(どさん)を贈ることという意味ではなくなるので注意が必要です

 

 

 

まとめ

  • 土産は神宮参りの『宮笥』
  • 「見上げ」を『土産』に当て字
  • 長いから略した?
  • 「土産」は「どさん」でも意味がある

「土産」というこの1単語にもかなり深い意味がと由来があるのですね。文字の由来を調べていくことは楽しいです。自分が何気なく使っている言葉にも様々な意味がある…。気になった単語を見つけ次第今度から調べていこうかな~

 

漢字なりたち図鑑: 形から起源・由来を読み解く

漢字なりたち図鑑: 形から起源・由来を読み解く

 

 はい、今回は『お土産』と書く理由でした

では、また